本文へジャンプ
豊中市立図書館 
サイトマップ文字サイズの変更
縮小標準拡大
HOME蔵書検索・予約利用案内調査・相談こどものページログインメニュー
簡易蔵書検索
現在位置:HOMEの中のお知らせ・行事案内から豊中市立図書館70周年企画

豊中市立図書館70周年企画

豊中市立図書館70周年企画
としょかん
70歳、
70p
(ページ)で
お祝いを
70thロゴ

豊中市立図書館の70周年記念として、2015年に70p(ページ)まつりを行いました。
70pまつりは、図書館で所蔵している資料の70p(ページ)にある好きな一文を募集しました。この一文は、豊中市内の図書館各館と図書館HPや大阪国際空港の就航都市である塩尻市立図書館から寄せられました。また、市役所のロビーで行われた「豊中市立図書館70周年」での展示や各館での展示の風景はこちらからご覧いただけます。→展示風景 →市役所ロビーで行われた「豊中市立図書館70周年」の展示



70pにある好きな一文 一文へのコメント 本の名前(書名) 本を書いた人(著者名)
女子が近づくのは鼻にティッシュを詰めないチームだ。林間学校でタマネギを切るときの涙対策、ティッシュを鼻に詰めることを思いついた男の子たち。その写真に添えられた一文。味写入門天久 聖一/[編]著
競技場を出ると川沿いの道が続く。川のすぐそばにそびえる山の木々が、音を澄ましてくれる。静かに流れる川の音は心地いい。 あと少し、もう少し瀬尾 まいこ/著
「いちばん、上へ!さむくてすてき、とてもあつい、ハッピーバースデー」まださいごまで読んではないけど ゆなはエルサのサプライズの本とかが見たかったので買いました。アナと雪の女王エルサのサプライズ 
私が一つの岩片をカチット割りますと、初めこの連中がガスだった時分に見た空間が紺碧に変って光っていることに驚いて叫ぶこともできずきらきらと輝いている黒雲母を見ます黒雲母ときくとなんだか暗い感じだが、表現の仕方でふんいきがかわっていてすごい雨ニモマケズ宮沢 賢治/作
結局のところ、我々には対人関係以外の問題は、ないように見える鋭いです なるほど・・・です。1分間アドラー桑原 晃弥/著
すまいらげん 決して滋養強壮に効くくすりではない Smile again笹井宏之1982-2011 生前ネットで知っていた。短歌界に輝く星になったのにえーえんとくちから笹井 宏之/著
せっかく調べたことがぜんぶびしょぬれになっちゃった SOS!海底探険メアリー・ポープ・オズボーン/著
「性善説みたいに、あまり、子どもや人間に期待してると馬鹿を見る。だろ?暗い部分を分かった上で、どうにかするしかない。」それでも私は基本的には性善説派ですが・・・。オー!ファーザー伊坂 幸太郎/著
そのため、たとえ戦争中でも相手と話しあう余地を残しておくことが必要なのです。 おじいちゃんが孫に語る戦争田原 総一朗/作
お茶をのんのてひとやすみ。こわいのにがてです。怪談オウマガドキ学園常光 徹/責任編集
「夢のなかで死んでも、目をさませば人は生きている。が、生きていても、その生涯が夢のごとき虚しい者もいる。華大夫の大吉は、目をさませば大凶に変わるかもしれぬ」いやなことをはっきりいう男である。華栄の丘宮城谷 昌光/著
オレもエレキギター弾いてて、なぜフィードバックかけたりするかというと、予想がつかないからなんです。予想がつかないのが不安ではない!!すばらしいと思いました。学校で教えてくれない音楽大友 良英/著
「一人暮らしって、寂しくない?」などと独居老人をいたわるかのように言う人もいるが、こんなふうだからべつに寂しいことはない。家に帰って一人になると、ほっとする。心がなごむ。独居老人も悪くないと、負け惜しみでなく思っているふと気がついたら独居老人になっていたけれど、心は独居ではないのでプラス思考でと思う気がつけばドッキョロージン澁澤 幸子/著
のちにルベンが水あなにもどってみるとその水あなの中にはヨセラはいなかった。そのためかれは白分の衣を引きさくのであった旧・新をくっつけたものです。旧約聖書創世記関根 正雄/訳
「怒られそう」なことをする前の高揚は、強い強い追い風となって私達をわくわくさせるんだ。高校時代に戻りたい。桐島、部活やめるってよ朝井 リョウ/著
桃太郎 鉢巻した候補者を先頭に、のぼりを持った運動員などのお供をゾロゾロ引き連れ、行進している様子から「桃太郎」と呼ばれています選挙の時、候補者が街頭をを練り歩くことを何と言うでしょうか?というクイズが69Pです ほんとうはもっとシャレた名文をさがしたかったのですが2時間半であきらめました。むずかしいですネ。クイズ雑学王『クイズ雑学王』番組/編
「死んでいるみたいに生きていたくはない」というレトリックを最初に使ったのは、ジャック・クリスピンだよ。前を向き続けて生きる!グラスホッパー伊坂 幸太郎/[著]
「おまえは頭がいい。性格もまっすぐだ。だから魔女学校の教師にむいている。このぶんしょう大好き黒魔女の騎士ギューバッド石崎 洋司/作
体で支え通した一生もこんな風に糸屑の綻びを見せるようになってきたのだ。91回直木賞を受賞したタイトル作に比べ地味であるが滋味深い『紅き唇』の一文。因みに、これは89回直木賞の候補作でした。収録された篇はどれも哀切をを感じます。恋文連城 三紀彦/著
息子の無実を信じる気持ちには、田中徹も感じ入るところがあったが、それにしても、無根拠に[息子はやっていない」と主張するのは、利口ではない。全国民に犯人扱いされてもゆるがない父子の信頼関係に読んでいるときは主人公の息子がどうなるかはらはらしていましたが、一人ではないという少しの希望のような、まだがんばれる気になるようなエッセンスに思いました。ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎/著
たくさん喜びを分かちあう経験をしなければ、他の人と、悲しみを分かちあえるようにはなりません。子育てで悩んだとき、ヒントになるような言葉がたくさん載っています。ぜひ一度皆さんにも読んでほしいです。子育てでいちばん大切なこと佐々木 正美/著
でも、いつも明るく自分のことより、まわりの人の幸せを願っていたんだよ温かさを感じた。こども電車岡田 潤/作・挿画
「辛かったね、今までよく我慢したね、もう安心して大丈夫ですよ。必ずよくします」クマ先生の顔を見て第一声を聞いて、わたしの心は、ダムが決壊したみたいに「信頼」の波水でいっぱいになった。新型難病女子、都内某所で絶賛生存中困ってるひと大野 更紗/著
主人公のことが最初は憎くて、でも追いかけるうちに、自分の中に憎しみとは違う感情が芽生え始める。でもずっと逃げられ続けるこの状況。そして必死な思いで追いついた時、口からつい出てしまった言葉「お前の全てが憎い・・・・・・」もはや愛の告白にしか聞こえません。あまりに人間的な、これは心理です。痕跡本の世界古沢 和宏/著
「隣のじい型」の話はとても有名です。なぜかと言うと、教訓的な話だからですね。明治以来、こういう話は教育にいいだろうということで、たびたび教科書になったり、たびたび絵本になったりしてきました。それで有名なのです。それだけのことです。最後の「それだけのことです」が印象的。13/1000しかないのに恣意的に過大評価されたという話。こんにちは、昔話です小澤 俊夫/著
「生きてるもんはせめて立派にいかなきゃならんなぁ」 サエズリ図書館のワルツさん紅玉 いづき/著
人間は意志の力だけですべてをなしとげるのは難しい。無意識の作用に負う部分がときにはきわめて重要である。セレンディピティは、われわれにそれを教えてくれる”文庫版”です。思考の整理学外山 滋比古/著
「えっ。ブナガヤ?!」おばけとかの話だけど、おもしろい。10分で読めるおばけやようかいの話塩谷 京子/監修
かせさんはこうふんをおさえながら、自分自身、そしており紙によってできることをしみじみととかんじたのです。おりがみでよろこばせるなんてすごいと思いました。10分で読めるほんとうにあった感動物語青木 伸生/監修
亜吉良はたしかにいまも、病院のベットにいるのだ。だけど、希子の目の前にも、こうしてちゃんと存在しているー。一度はおいでうどんカフェ死神うどんカフェ1号店石川 宏千花/[著]
「そいつは、一匹いたら絶対十匹いるんですよ。二匹いたら、二十匹、絶対揺るぎません。そういう生き物です」強引な力技あり、ほろりとするお話あり、伊坂さんのやりたい放題ジャイロスコープ伊坂 幸太郎/著
「歩きながらずっと思ってたんだ。こんな夕日を一人で見るのは、なんてもったいない。犬でも鳥でもネコジャラシでもいい。、この世界で、きょう生きるものと、今、このしゅんかんを見たかった。」自分が生きて、夕日を見れることが幸せ!!との思いが共感できた。塾 七転び八起きの12歳高山 栄子/作
精一杯を伝える 正直松浦 弥太郎/著
(わたしがいながら、なぜ、守ってやれなかったのか・・・・心にぐっときた新シェーラひめのぼうけん風の恋うた村山 早紀/作
ちょっとは強くなってきたのかな?主人公のパステルが自分の精神面の成長を自覚した瞬間新フォーチュン・クエスト深沢 美潮/[著]
このメニューには食べ方のルールがあります。まず器におこわを少し盛り、豚肉と里芋を一切れずつのせて、たれをかけて食べる。2杯目のおこわには香菜と万能ねぎをのせ、温め直した熱いスープをかけてさらさら。結果的には全部が混ざることになるけれど、そこにいきつくまでの食べ方に変化をつけて楽しもう。 スープブック!長尾 智子/[著]
”啓典の民”キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の信者さんを「啓典の民」というそうです。何だかカッコイイのでこの言葉を選びました。図説図書館の歴史スチュアート・A.P.マレー/著
勝敗の結果や点差などは、両チームの選手にとって大切なことではなかった。野球がやれたこと、早慶戦がやれたこと。そして、来るべき出陣に対する思い。さまざまな感情が胸の中にうずまきながら、自分と同じ思いでいる仲間たちがいることを両校のナインは感じていた。添えてあるモノクロの記念写真が涙でにじみました・・・。スポーツ感動物語 
他人を見て、いいな、素敵だな、と思ったことは、まず10日続ける気づきは、美しい人に近づくきっかけになるので、まずは10日間続けましょう。禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本枡野 俊明/著
きゅうしょくはいつも、日がわりのプリンが一こだけ、ぽよよんとおぼんにのっていますぽよよんと、いう所がとってもおもしろいです!空とぶ魔法、おしえます!芝田 勝茂/編
「ぼくはずっと親父のサンドイッチばかりですよ」この本を読むたびにじゃがいものサラダのサンドイッチが食べたくなります。それからはスープのことばかり考えて暮らした吉田 篤弘/著
いっしょに来るかといわれたら、いっしょに行ったっていい。図書館70周年おめでとう!ありがとう、図書館、お世話になっております。今までの人生で、図書館に助けられたことがたくさんあります。感謝です。それでも彼女は歩きつづける大島 真寿美/著
しかし、「みんなの力になれずに申し訳ない」とあやまる、赤尾の教師らしからぬ対応に心がちくりと痛み、上ばきをそっと下駄箱にもどした。いさぎよくあやまることにより、人の心をうごかす赤尾は教師としてだけでなく、人としてりっぱなんだと思いました。だいじょうぶ3組乙武 洋匡/著
純や蛍が見たその時の町の明かりは、今の子が見たくても見られない特別の輝きを持っていたのではなかろうか。幸せはお金では買えないという事。大丈夫、なんとかなるさ近藤 勝重/著
「勇気を出さなければ、目標を達成できない、ってことのたとえだよ。」勇気を出さなければいけないということがわかりました。大好きがやってくる小林 深雪/作
「人間が恋愛する以上は甦が恋愛をしないはずないね。」ロマンチックな一文だなぁと。〝甦の恋愛〟について考えてしまいました。第七官界彷徨尾崎 翠/著
せかいじゅうで、一番えらいのは、しんせつなことをする者だ、よわい者にいばらずに、やさしくしてやるのがほんとうにつよいのだ たんぽぽの目村岡 花子/文
コレをみる! コレをする! (Must See! Must Do!)大変楽しく読ませていただきました。地球の歩き方 オーストラリア『地球の歩き方』編集室/編集
夜ふけの風はびっくりするほどつめたくて、一太の足元からはい上がりほっぺをたたき、耳のうしろをなぜて天へ吹きぬけていく。一太がどれだけ必死かがよく分かる一文だと思った。天風の吹くとき福 明子/作
処理対象人数とは?処理能力を細かく書いてある 面白いトイレの科学中井 多喜雄/著
絶版漫画が多いという翠光堂書店へはじめて入った。店内を眺めているうちに、子どもの頃貸したまま返ってこない漫画がうかんできて無念だった。塩田英二郎の「夢見るユメ子さん」、馬場のぼるの「山からきた河童」や「ポストくん」まだまだあるが辛くなるので思い出すのをやめた。今でも人に本を貸したり借りたりするのが苦手なのは、当時のことがトラウマになってるのだ。しつこいと言われるが、返さない友人の名前をはっきりと記憶している。借りたものは返さなくちゃ・・・ずっとうらまれたらいやですよね(笑)東京美女散歩安西 水丸/文え
「『けんきゅう』には『かんさつ』と『じっけん』がひつようじゃ。どうしたら楽しくなれるか、『じっけん』してごらん。たくさんしっぱいしても、それが『じっけん』だからね」5分で読めちゃう本だけど読んだあとちょっとだけ世界が違って見えるどうぶつがっこうトビイ ルツ/作・絵
その子はプルルちゃんだよ。」おもしろいのでみてみてください。ドギーマギー動物学校姫川 明月/作 絵
王子様か、と小牧が呟いて笑う。「ライバルはなかなか手強いね?」 図書館戦争有川 浩/[著]
「メイ、わたしたち風になってる。」ぼくも風になりたくなった。となりのトトロ宮崎 駿/原作
成績が落ちる場合は、キャリア史上最低という落ち具合だし、負ける時は大敗だし、干される時はベンチどころかベンチ外だし、怪我なら大抵残りシーズンをすべて棒に振る。日常のささいなことなんだけど・・・津村さんにかかると、とにかく痛快!とにかくうちに帰ります津村 記久子/著
悪魔を防ぐためにも魔女になるためにもいちばん大切なのは意志の力。自分で決める力、自分で決めたことをやり遂げる力です。 西の魔女が死んだ梨木 香歩/著
乱舞しておった蛍の群れが、まるで時間が止まったかのように静止したではないか。そして一匹、また一匹と、その光を七色に変化させたかと思うと、すーっと天に昇って行ったんじゃ」。その光景たるや到底言葉でなと表現出来る美しさではない。まさにその光景が虹色ほたるだなと思った。虹色ほたる川口 雅幸/[著]
「なかに、ばくだんいれといたの」おもしろい言葉でした。忍たま乱太郎尼子 騒兵衛/原作
いま目の前にある山を一つひとつ乗り越えていくこと。明るく元気に楽しんで NO LIMIT栗城 史多/著
こえだのさきのわかばのあかちゃんあめのシャワーをあびててをひろげてる「はっぱのてがみ」というタイトルの詩の一文です。のはらうたくどうなおことのはらみんな/作
ごしこしごし ただいま ちきゅうとせんたくちゅう ああそがしい いそがしい何やらかにやら気忙しく過ごしているけど、ちょっとゆっくり見まわしてみましょうか。のはらうたⅢくどうなおことのはらみんな/作
私は18と14を思い浮かべた。博士の説明を聞いたあとでは、それは最早ただの数学ではなかった。人知れず18は過剰な荷物の重みに耐え、14は欠落した空白の前に、無言でたたずんでいた。文庫の方です。博士の愛した数式小川 洋子/著
完璧に汚れをとりはらわれ、ハンガーにつりさげられた学生服は、直立不動の兵士のようだ。月曜日の朝、そでを通すたびにかすかな重さと圧迫を感じた。だから、ホックをはずす。 バッテリーⅡあさの あつこ/作
小屋中が震えた。ハリーはビクッと跳び起きてドアを見つめた。誰かが外にいるドアをノックしている。びっくりした。こわい人でなくてよかった。ハリー・ポッターと賢者の石J.K.ローリング/作
どう感じるかはキミ次第日常出会う様々な出来事に、一喜一憂する私ですが、同じ事なら良い方へ解釈すると気持ちが楽。般ニャ心経加藤 朝胤/監修
針の形すごいとおもいました。光とともに…戸部 けいこ/著
あたかも部屋自体が一筆書きで書かれでもしているかのようにここにあっては、いっさいが、≪特徴線≫(トレ)である。しかしまた、ここにはもう一つ別の力も働いてくるのであって、≪特徴線≫のきびしさは、同時にじつは見かけだけのも、生きていればきっと、逃げ出すよりほかに道がないときだってある。遮ニ無ニに突進していってその結果無残に激突するよりは、回れ右して逃げ出すほうがずっといい。一度打ち込んだ文字をバックスペースキイでなかったこと”文庫版です”表徴の帝国ロラン・バルト/著
こう感じたことおありかどうか、世界の何物も絶対的に完璧であったためしがないがないというのは不思議である。このただただ素敵な大活劇の欠点は、ジーヴスがこの場にいて僕の活躍を見ていないという事実だ 比類なきジーヴスP.G.ウッドハウス/著
ショーウィンドーを磨くと、いいことがある。 風味[さんじゅうまる]まはら 三桃/著
「観覧者を発明したのってだれなんだろう」香具矢は窓の外に視線をやったまま言った。「楽しいけど、少しさびしい乗り物だといつも思う」 舟を編む三浦 しをん/著
人間は十人十色。お前の考えで決め付けてしまえば、その人を受け付けなくなる。 部落問題と向きあう若者たち内田 龍史/編著
道具をきれいにすることだけを考えて、ゴミを残したり、まわりをよごしたりするのはマナーいはんです。自然をよごさないように、ほかの人が気持ちよくキャンプできるように、あとかたづけをするときは、環境のことを考えるようにしましょう。テントで寝たり、化石や星座を探したり、毒キノコを見分けたり・・・。どのページもわくわくに満ちています!!ぼうけん図鑑ホールアース自然学校/監修
青空で、さわやかな風がふいて、すがすがしい花の香りがする。そんな感じだった。この文は、主人公があいさつを返されたうれしさを表したものです。「すがすがしい花の香り」の部分が一番好きです。ぼくの、ひかり色の絵の具西村 すぐり/作
おれがこの世ですきなのは、眠ることだよ同意です。星の王子さまサン=テグジュペリ/作
他人の苦しみに対して盲目であること、これは人間としてまさしく不幸なことではないか。白洲正子、伯爵家令嬢として生まれ、それなりの躾も受けながら、何不自由なく育ち、その時折時代の荒波の中で生きてきた著者が幸福について語っている。何が幸福をもたらすのか。「人間万事塞翁が馬」的なことを言っているような気もする。幸福とはどのような状況をいうのか。何を持って幸福というのか。少しだけ考えてみました。自分の今は幸福(幸せ)か?ほとけさま白洲 正子/著
もうはじまちゃったんだから、心配したってしょうがないものね。 魔女の宅急便角野 栄子/作
もし、誰か大人が、この様子を見ていたら、「よく、、こんな小さい子が、このむずかしい話で笑うな」と思ったかもしれないけど、実際の話、子供は、どんなに幼くても見えても、本当に面白いものは、絶対にわかるのだった。トットちゃんは落語を聞くのが大好きで、子どもながら落語を楽しんでいました。私も、子どもたちに落語を授業中にしていて、少し難しいかなと思っても、その面白さはちゃんと伝わっていました。窓ぎわのトットちゃん黒柳 徹子/著
わたし、わたしがなにかにおびえていることをだれかしらに話して、なんとかいってもらいたいのよ。誰かに話せるって、大切ですよね。ムーミン童話全集トーベ・ヤンソン/作・絵
目が見えるものしか見てないことを、つまり空間をそれが実際にそうであるとおりに三次元的にはとら得ないことは明らかです伊藤 亜紗目の見えない人は世界をどう見ているのか伊藤 亜紗/著
徳はかくも染みにくく、怨みは、かくも染みやすしか 孟夏の太陽宮城谷 昌光/著
求めない―すると求めなくっても平気だと知る好きというわけでもないが気になる本です。著者も冒頭で言っているが人間は欲で生きている。夢も希望も欲求である。「求めよさらば与えられん」という宗教もある。「求めない―」は本来人間には無理なのである。この貢の「平気だと知る」などは、悟りに至った禅宗の高僧にしかできないだろう。しかし、「求めない―すると殆どの貢にでてくるこの本を時々読んで「なるほど フムフム」と「欲求」について考えるだけでいいのではないかと私凡人は思うのです。求めない加島 祥造/著
「わたしのむすめをかえせ!」モロかっこいー!!もののけ姫宮崎 駿/原作・脚本・監督
しかもたいていの人間は、あの世ではなくこの世で、永遠に生きていたいものなの。リズ・テイラー ポールニューマンで映画化もされた舞台劇 当時としてはかなり、インパクトのある設定だったのですね。因みに本と映画ではかなり違いというか差があります。やけたトタン屋根の猫T・ウィリアムズ/[著]
その一方で、このおかしなおかしな出来事がすべて「現実」で、この現実に比べたら、今まで俺の目の前にあった現実がなんだかバカバカしく思えてしまういまなやんでることもしょう来バカバカしくなってしまうのだなと思った。妖怪アパートの幽雅な日常香月 日輪/[著]
その一方で、このおかしな出来事がすべて「現実」で、この現実に比べたら、今まで俺の目の前にあった現実が、なんだかバカバカしく思えてしまうことが悔しかったり、悲しかったりおかしかったり、実にになんとも複雑な気分だった「あるんだこれが」「え・・・オバケ!?」妖怪アパートの幽雅な日常香月 日輪/[著]
「そりゃ家出に違いねえ。あたし、そんな家にはいたくねぇ」主人公のズバッとした言い方がいい!ライオンの棲む街東川 篤哉/著
おじいちゃんはすぐに警察に電話してしまいます変なの?らくごで笑児科斉藤 洋/作
その能力には限りがあるのだから、まずは一つの分野に専念し、そこに全精力を注ぐべきである。リーダにならなくても、「そうだな」同感できる。リーダーになる人に知っておいてほしいことⅡ松下 幸之助/述
「降るも死すも各自思いのままにせよ。」 るろうに剣心 銀幕草紙変和月 伸宏/原作
耳まで真赤にして、進は一生懸命喋っていた。なんだよお前、すっげえいい奴じゃんか。さすが由希子と俺の子だな。 ワーキング・ホリデー坂木 司/著
大切なのは、ひとつのご縁をどれだけ持続させて、良縁に変えることができるかどうかにあります。人との縁を大切にしていくことを考えさせられました。若さを卒業すれば女はもっと美しくなる花千代/著
「付いてきてくれるとは思いませんでした非難がましいことも言わずつとめて明るく振舞ってくれております。」他の人に、妻をほめられ、素直に言葉にした等伯の人間らしさに感動しました。何十年ぶりに上下巻いっきに読んでしまいました。読書のみりょくにみせられた一冊でした。等伯 上安部 龍太郎/著
「ロビンソンクルーソは、島に一人だった。・・・・・でも、この世に人間がいるとは、分かっていた。この世のどこにも人がいないと知ってしまったらロビンソンはどうなったかしら」北村薫「時と人」の三部作の二作め。「ターン、ターン、その繰り返し。」残酷ではないけれど、こわいお話だと思います。「ターン」北村 薫/著
いま、運動会の徒競走をやったら、まちがいなくヒーローになれるな。すごく、大変なときでもジョークを言える。面白くて、ムードメーカーな内人の性格が良く表れてると思ったからです。都会のトムソーヤ②はやみねかおる/著
多かれ少なかれ、誰もが自分のシステムに従って生き始めていた。それが僕のと違いすぎると腹が立つし、似すぎていると悲しくなる。それだけのことだ。アンチハルキストが「いつまでも’70年代をひきづっているのかしら」言ってはりましたがそんな’70年代を描いた作品の一文です。「1973年のピンボール」村上 春樹/著
お金を使わなくてよくて、あんまり人の目が気にならなくて、水か木があって、管理されてなくて、ちょっと田舎っぽくて、露店も屋台もなんでもありなような、そんなところがある東京になっていくといいな、と少し思った。そんなところがある大阪になっていくといいな、と大阪人としては少し思う。著者と同じく「少し思う」のは、いざそんな東京なり大阪なりになってしまうと、あれなんかミスマッチとがっかりする可能性が49%ぐらいはあるから。なんくる、ないよしもと ばなな/著
よーしおれがなんとかするぜこのせりふがいえるような人になりたい大甲子園6水島 新司/著




TOPへ戻る

ケータイサイトはこちらのQRコードから!
Google WWWを検索 サイト内検索

ホームページに関するお問い合わせは 
豊中市立岡町図書館 TEL.06-6843-4553サイトポリシー
Copyright (C) 2014.豊中市立図書館.All Rights Reserved.